SixTONES・松村北斗、KAT-TUN・亀梨和也の“尖っていた”過去を明かす「暗がりの部屋から…」
       

SixTONES・松村北斗、KAT-TUN・亀梨和也の“尖っていた”過去を...の画像はこちら >>


2月14日、日本テレビ系行列のできる法律相談所』にKAT-TUN亀梨和也SixTONES松村北斗が出演した。



番組中、SixTONESのデビュー曲が3日でミリオン達成したことが話題になり、出演者から「キテるな!って感じはあるんですか?」と質問が投げかけられた。



それに対し松村は「デビュー曲とかに関してはYOSHIKIさんに作っていただいたりとか、凄く可能性を色んな方に引き出していただいたっていう思いが強いので」とコメントするとスタジオには「めちゃくちゃ優等生」と声が上がった。



それを聞いていた亀梨は「今の子たちはちゃんとしてますね」「まだデビュー1年目とかこんぐらい尖ってましたから」と、自分は靴の先も尖っていたと表現し笑いを誘い、出演者から「だんだん年齢重ねてきたら笑われたいとか」と振られると亀梨は「そうですよ。こういう場に呼んでいただけたら誰よりもボケ倒したい」と話した。



そして亀梨のイメージを聞かれた松村は「それこそ昔、ブーツは尖ってるし、サングラスはもう見えてないでしょってぐらいほんとに黒いんですよ」「暗がりの部屋からサングラスで出てくるみたいなグループだったんです」と発言すると亀梨は「イジっとるやん!」といい「ごめんなさい、まだ笑われたくなかったです」と話し笑いを誘った。