門脇麦、撮影現場に両親訪問「慣れました(笑)」
影現場に両親が訪問してきたことを明かした門脇麦 (C)ORICON NewS inc.
       
 女優の門脇麦、石橋静河が15日、都内で行われた映画『あのこは貴族』の公開直前イベントに登壇した。

 この日は、映画タイトルにあわせて“あのこ”の知られざる一面を披露。石橋は門脇が「家族想い」といい「撮影で1日ロケだった日にご両親が…」と撮影現場に両親が訪問してきたことを明かした。

 門脇は「うちの両親すぐ来るんですよ。地方ロケも来るんですよね。でも、慣れました(笑)。前は飛行機じゃないと来られないような場所も、無断で事前連絡なしに来たということもありましたね」と照れながら話していた。さらに、門脇のスケジュールを把握しているのかMCから聞かれると「メモしてるんでしょうね(笑)。きょうも来たいと言っていましけど、来てないです」と話していた。

 石橋は「距離感がすてきだなって。現場に家族が来るってあまりないと思いますし、独立して各々がそこにいる感じがしてすごくすてきでした」とそっと見守る絶妙な親子関係に憧れも語った。

 この日は、水原希子、山下リオ、岨手由貴子監督も出席した。

 東京に生まれ、何不自由なく成長した華子(門脇)は、ハンサムで良家の生まれである弁護士・幸一郎(高良健吾)と出会い結婚が決まる。一方、東京で働く美紀(水原)は、猛勉強の末に名門大学に入学するも、学費が払えず退学。いまの仕事にやりがいを感じられず、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。そして、幸一郎と美紀が大学の同期だったことから、別世界で生きていた華子と出会うことになる。2人の女声の人生が交錯したとき、それぞれに思いもよらぬ世界が開いていく。映画公開は26日。