藤森慎吾のYouTube実験企画に「モルモットにすんなよ」と先輩は困惑
       
15日、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾が、自身の公式YouTubeチャンネルに最新動画をアップ。新企画「ウォーキングトーク」が反響を呼んでいる。

■暗闇の公園でオープニング

この日の動画は、真っ暗な夜の公園からスタート。藤森がゲストのとろサーモン・久保田かずのぶを元気いっぱいに紹介するが、久保田は「ちょっと待って」を連呼し、「(藤森が)吉本辞めたら、こんな光なくなんの?」とオープニング早々、困惑気味だ。藤森のYouTubeといえば、ゲストを招いて、彼の愛車であるベンツでドライブをしながらトークする企画がおなじみとあり、久保田は「車乗らせろや」と詰め寄る。
関連記事:藤森慎吾、現在の彼女について明かす その内容に「大丈夫?」と心配の声

■ストレートな乗車拒否に「やめてくれ」

しかし、藤森は「久保田さんをベンツに乗せてしまったら、久保田さんの良さを消してしまう」「あと、シンプルに乗せたくないです」と拒絶。このストレートな乗車拒否に、久保田が「やめてくれ、車ダメなんかい、俺。この前、(渡辺)直美に家断られて、次、車断られるんかい。どこで生活したらええねん」と早口で捲し立てるなど、冒頭から息のあった掛け合いを見せた。

■久保田「モルモットにすんなよ」

藤森いわく、これは「実験」とのこと。ドライブトークをこれまで定番として行なってきたが、今回は「ウォーキングトーク」と題して、久保田と腹を割って話そうという考えだという。すると、この説明を聞き、久保田は「おい、実験台でモルモットにすんなよ、先輩。テレビ局員か。大体最初だけ呼ばれんねん。気付いたら呼ばれんようになるねん」と怒涛のツッコミ。さらに、藤森は「パイロット版です」と被せた。

■ほんわか斬新企画が評判

この後も、二人の良好な関係性がうかがえるトークが続き、最後は「吉本っていい事務所」という話で終わるなど、終始ほんわかとした空気感だった今回の新企画。視聴者からの評判もよく、「見終わったあとがあたたかい」「暗闇の公園をただ歩いてトークするの逆に新しい」「斬新な企画」「久保田さんがいい人なのがわかった」といったコメントが多数書き込まれている。

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも