草彅剛、『青天を衝け』好スタートに感謝 ファンは「嬉しくて涙出た」
       
15日、タレントの草彅剛がツイッターを更新。14日に初回放送を迎えたNHK大河ドラマ『青天を衝け』の反響に感謝した。

■初回視聴率は20%

『青天を衝け』では最後の江戸幕府将軍・徳川慶喜を務めている。初回から登場しており、草彅ファンもテンションが上っているようだ。平均視聴率(ビデオリサーチ調べ)は、関東地区では20.0%、関西地区では18.9%と非常に高い結果になっている。大河ドラマの視聴率の20%台は2013年に放送された『八重の桜』以来だ。
関連記事:『麒麟が来る』いよいよ最終回 大河ドラマは「史実に沿うべき」だと思う?

■「これからの展開に期待して」

多くの反響があった初回放送に対し、草薙は、「皆さん大河ドラマを見てくださりありがとう!」と感謝しつつ、「これからの展開に期待してください」とファンへメッセージを伝えた。

■感激の声相次ぐ

NHKの大河ドラマという大舞台に出演した草彅に「クレジットに草彅剛の名前あって嬉しくて涙出た」「大河みましたよ~面白かった!」「オーラ半端なかったです! かっこよかった」と歓喜の声が続出している。

■「大河は史実に沿うべき」は約4割

前作大河ドラマ『麒麟がくる』では、史実とは異なったラストを展開し話題となった。しらべぇ編集部が全国10~60代の3,140名に実施した調査を実施したところ、36.6%が「大河ドラマは史実に沿うべきだ」と回答。
草彅剛、『青天を衝け』好スタートに感謝 ファンは「嬉しくて涙出た」
逆に捉えると6割以上の人が「史実に沿う必要はない」と答えていることを考えると史実よりもおもしろい物語を期待している人が多いのかもしれない。まだ1話しか放送していない『青天を衝け』だが、今後どのような展開をして視聴者を楽しませるのだろうか。

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年12月11日~2020年12月18日
対象:全国10代~60代の男女3,140名 (有効回答数)