結成1年目のゼンモンキーが初優勝 「お笑いABEMA CUP~ワタナベお笑いNo.1決定戦」歴代最多の339組640人が参加
       

 大手芸能事務所「ワタナベエンターテインメント」所属の芸人339組640人が頂点を目指して対決する「お笑いABEMA CUP~ワタナベお笑いNo.1決定戦」が15日、都内で行われ、お笑いトリオのゼンモンキーが初優勝した。最終決戦でファイヤーサンダー、四千頭身を破り、優勝賞金100万円と「ABEMA」の冠特番出演権を手にした。

 歴代最多の参加者の中から、結成1年目のゼンモンキーが初優勝を飾った。ヤザキ(24)、荻野将太朗(24)、むらまつ(24)のトリオで20年4月にデビューしたばかり。ヤザキは「本当にうれしい」と涙を潤ませ、荻野は「(賞金で)iPadが欲しい」と“下克上”に興奮した様子で語った。