ドナルド・グローバー(左)、フィービー・ウォーラー=ブリッジ(右) Photo by Neilson Barnard/Getty Images for LACMA
Photo by Frazer Harrison/Getty Images

 ドナルド・グローバー(「アトランタ」)とフィービー・ウォーラー=ブリッジ(「Fleabag フリーバッグ」)という今もっとも才気あふれるふたりが、米アマゾン・スタジオ制作によるドラマ版「Mr.&Mrs.スミス」で再タッグを組むことが明らかになった。ふたりは、若き日のランド・カルリジアン役とドロイドL3-37役をそれぞれ演じた「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」以来、2度目の共演。米ハリウッド・レポーターが報じている。

 同作は、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの豪華共演が話題を呼び、世界累計興行収入4億8700万ドルの大ヒットを記録した2005年の同名アクション映画を、まったく新たな視点からドラマシリーズとして描き直すもの。このほど、グローバーがインスタグラムのストーリーで「2022年、アマゾン・プライムに登場」と予告をうったことで発覚した企画だが、同紙によれば、アマゾンとファーストルック契約を結ぶウォーラー=ブリッジ主導のもと、密かに準備が進められていたようだ。

 ウォーラー=ブリッジとグローバーが主演と制作総指揮を務めるほか、「アトランタ」「FARGO ファーゴ」など、米FXの人気ドラマを手がけるフランチェスカ・スローンがショーランナー、オリジナルとなる映画「Mr.&Mrs.スミス」の製作元ニュー・リージェンシーのヤリフ・ミルチャンとマイケル・シェイファー、ウォーラー=ブリッジと共同で制作会社ウェルズ・ストリート・フィルムを立ち上げたジェニー・ロビンスが制作総指揮を務める。

 グローバーが予告した、22年にアマゾン・プライムで配信スタート予定ということ以外、内容やキャストなどの詳細については現時点でまだ明らかになっていない。

 原案・脚本・制作・監督・主演の5役を兼ねたコメディドラマ「アトランタ」でエミー賞コメディシリーズ部門の監督賞と主演男優賞をダブル受賞し、気鋭のクリエイターとして注目を浴びたグローバーはその後も、「スパイダーマン ホームカミング」(17)や「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」(18)といった話題のヒット作に相次いで出演するかたわら、チャイルディッシュ・ガンビーノ名義でラッパーとしても活躍している。

 一方、自作のひとり芝居をもとに制作・主演を務めたドラマ「Fleabag フリーバッグ」がエミー賞やゴールデングローブ賞をはじめとする賞レースを席巻し、一躍時の人となったウォーラー=ブリッジ。その後、英サスペンスドラマ「キリング・イヴ Killing Eve」の企画・制作総指揮に加え、「007」シリーズ最新作「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」では脚本のリライトも手がけるなど、鬼才として注目を集めている。