主演映画『あの頃。』が公開された松坂桃李

 松坂桃李が20日、都内で行われた映画『あの頃。』公開記念舞台あいさつに登壇し、コロナ禍においても映画が公開されたことへの喜びをかみしめた。この日は、共演者の仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウ、大下ヒロト、今泉力哉監督も来場した。

 本作は、ロックバンド・神聖かまってちゃんの元マネージャーとしても知られる劔樹人による自伝的青春コミックエッセイをもとに、さえない日々を送る劔(松坂)がアイドルにハマり、オタク仲間とともに青春を謳歌する姿を描いている。

 公開を迎え、松坂は「めちゃくちゃうれしいです!」と笑顔を見せると、「今まで(舞台あいさつなどは)リモートが続いていたので、みなさん(観客)と向き合って作品を届けられるというのが、すごくうれしいことだと実感しております」と喜びをかみしめた。仲野は「(撮影現場では)個性豊かなメンバーと他愛もない話をしてわちゃわちゃして、穏やかな時間を過ごしていたんですけど、それがどういう風に(観客に)受け止められるのか、内心ドキドキしています」と素直な心境を打ち明けた。

 撮影時を振り返る一同は、歌唱シーンについて話が盛り上がり、コカドが「芹澤さんは、みんなで歌う歌だけはまったく声を出さなかった」と暴露。若葉も「芹澤さんだけ口パクだった」とリークしつつ、「女性の曲を原キーで歌うのは、なかなかしんどくて……」と苦労も吐露した。

 そんな中、今泉監督は「太賀さんや若葉さんは歌が上手いのを知っていたんだけど、松坂さんが歌NG(という)説をふんわり聞いていた」と告白する。すると松坂は、「はい、そうですね。歌苦手だから」と自認。今泉監督から「今回歌ってくれたのは、どういう心境があったのかな?」と質問されると、松坂は「いたしかないというか……(笑)」とぶっちゃけつつ、「役を通して歌うならアリという解釈。作品で、もしそういうことがあればやると決めている」と説明した。

 一方、自身と同じ「トップコート」所属の中村倫也、菅田将暉らがCDを出しているが、「『恋愛研究会。』(劔たちで結成されたバンド)でCDは出ません!」とキッパリ。「あんなにいっぱい練習したのに……」と仲野らはがっかりするが、松坂は「違う仕事でもこのメンバーでやってみたいですね」と次のステップに期待し、声を弾ませていた。(取材:錦怜那)