五輪組織委会長人事は安倍前首相が本命? 春日氏「政府サイドでもう決まっている」
やっぱり招致に成功した私?
       

 16日放送のTBS系ワイドショー「ゴゴスマ」で、オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗前会長の後任問題について、元JOC理事でスポーツコンサルタントの春日良一氏の口から〝爆弾推測〟が飛び出した。
 
 この日、2時半過ぎから後任会長人事のための検討委員会が開かれている最中に、「なぜ公開しないのか?」とのテーマで話が盛り上がった。
 
 春日氏はあくまで推測としながら「政府サイドでもう決まっているから」と、検討委員会は流れをつくるためのものだから非公開と言及。後任会長には「私が推していると取らないでください」と前置きしたうえで「安倍晋三さんしかいない」と安倍前首相の名前を挙げた。

 これに対して、ジャーナリストの鈴木哲夫氏は取材した結果として「橋本聖子さんか、小谷実可子さん」と話した。これに春日氏は「私は取材しているわけではないので、鈴木さんの言う通りでは?」とケムに巻いていた。

 いずれにしても、〝政治的な決着〟が濃厚との見方が出ているのは確かなようだ。