最近は料理に夢中と明かした七五三掛龍也 (C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・SixTONESの松村北斗(25)とジャニーズJr.のTravis Japan・七五三掛龍也(25)が20日、都内で映画『ライアー×ライアー』の公開記念舞台あいさつに参加した。

【画像】笑顔でポーズする松村北斗&森七菜&七五三掛龍也

 松村は封切りを迎えて「初めて、ネタバレを気にしなくていいってことですよね」と確認をはさみながら、「オチの話ばかりするイベントにしたいと思います」と元気よく宣言し、ニヤリ。SixTONESの新曲で映画の主題歌である「僕が僕じゃないみたいだ」について「曲もエンドロールに育てられているし、エンドロールも曲に育てられているな、と。この2つが共存する作品が、この世にうまれてよかった」としみじみ。この日は会場となった映画館で、ひっそりと鑑賞。「そこで観ていて、めちゃめちゃエンドロールを楽しみにしていたんですけど、ここに上がらなきゃいけなくて…。結局、観れていないので、また映画館で観ようと思います」と予告していた。

 作品にかけて熱中しているものをトーク。七五三掛は「料理に最近は夢中」と明かし、得意料理は「肉じゃがとか、カレー。あとはお米を炊いたりとか」と話す。家庭的な一面を見せていたが、ここで松村が「全部、具材が同じくなんだけど」とツッコミ。七五三掛が「ほぼほぼ同じ」と同調すると、松村は「家で育ててるの?」と返して登壇者たちを笑わせていた。

 七五三掛は「簡単なものから挑戦してみようと思って。今まで料理をすることがなかったので。自分で調べて作ってます。うまくできた日は自分のブログに写真を載せてます」と口にしていた。

 この日は、森七菜(19)、堀田真由(22)、耶雲哉治監督も登壇した。

 今作は、累計発行部数190万部を突破し、2012年度『このマンガがすごい!オンナ編』にランクイン、2015年には第39回講談社漫画賞・少女部門にもノミネートされた金田一蓮十郎氏の大人気コミック『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)を実写化。普段は義理の姉・高槻湊(森)に対して超不愛想で“ツン”の態度をとっている透が湊の“JK姿”みなの正体に気づかないまま、恋したことから始まるラブストーリー。