映画『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』は5月28日より、Bunkamuraル・シネマほかで全国公開 2018 (C)Amazing Grace Movie LLC

 2018年8月16日、惜しくもこの世をさってしまった「ソウルの女王」アレサ・フランクリン。1972年1月13日、14日、ロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会で行われたライブを収録したライブ・アルバム『AMAZING GRACE』は、300万枚以上の販売を記録する大ヒットとなり、史上最高のゴスペル・アルバムとして今もなお輝き続けている。この時のライブはドキュメンタリー映画としても撮影されており、49年の時を経て、映画『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』が日本で公開される。

【動画】映画『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』予告編

 コーネル・デュプリー(ギター)、チャック・レイニー(ベース)、バーナード・パーディー(ドラム)らに加えサザン・カリフォルニア・コミュニティ聖歌隊をバックに、アレサが自らのルーツである"ゴスペル"を感動的に歌い上げた今や伝説となっているこのライブ。

 当時監督を務めたのは、映画『愛と哀しみの果て』で知られ、アカデミー賞を受賞しているシドニー・ポラック。アルバム発売の翌年に公開される予定だったが、カットの始めと終わりのカチンコがなかったために音と映像をシンクロさせることができないというトラブルに見舞われ、未完のまま頓挫することに。しかしいま、長年の月日を経てテクノロジーの発展も後押しし、ついに映画が完成した。

 この予告編では、アレサ・フランクリンがパワフルに「アメイジング・グレイス」を歌うシーンから始まる。天を仰ぐ者、身震いする者、そして涙ぐむ者など、その場にいる誰もが感動し、熱気に沸いている様子がヒシヒシと伝わり、冒頭から一気に胸を熱くしてくれる。彼女のバックコーラス隊をも総立ちにさせる熱狂ぶりだ。

 さらに観衆のなかには、ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーの姿も。若き日のロック・スターがノリノリで体を揺らす姿も印象的。そして何より、汗だくになりながら熱唱するアレサ・フランクリンの力強い歌声は、観る者もまるでその場にいるような錯覚さえ覚える圧巻の一言。まさにソウルの女王が降臨する奇跡の瞬間を目撃できる。

 同映画は、5月28日より、Bunkamuraル・シネマほかで全国公開。