ジャニーズ95人から医療従事者へ「ありがとう」のバレンタインメッセージ
       

 ジャニーズ事務所が14日、社会貢献活動「Smile Up! Project」の一環として、公式SNSで所属タレント95人が医療従事者にエールを送るメッセージを投稿した。この日はバレンタインデー。同事務所は「海外では、男性も女性も、大切な人へギフトを贈る日。だから、僕たちも、大切な人にギフトをお届けします。僕たちからのバレンタインギフト、受け取ってください」と企画意図を説明した。

 この日正午、直筆メッセージを手にした95人の姿が公式インスタグラムに一斉に投稿された。東山紀之(54)は「日々、ありがとう」、木村拓哉(48)は「皆さんの“全力”に感謝しています。そして、共に前へ! 共に笑顔へ!」と記した。公式YouTubeチャンネルにも、95人が「ありがとう」などと感謝の言葉をつないだ動画が投稿された。

 ジャニーズは昨春からライブ配信企画や所属グループ15組によるチャリティーユニット「Twenty★Twenty」が歌う「smile」(作詞作曲=Mr.Children・櫻井和寿)などコロナ支援活動を積極的に展開。全国の医療機関への物資提供や認定看護師の育成支援を目的にした寄付など、総額10億6000万円に及ぶ支援を行っている。