『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する原田龍二

 日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

【写真】『バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜』に出演する原田龍二

◆File No.044 原田龍二

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第5話で原田はサスペンスドラマ『わたしの番です』に出演する、Vシネネオ四天王・本宮泰風を弟に持つ、温泉につかって泣いたことがある俳優“原田龍二”役を演じた。

 『バイプレイヤーズ』シリーズには初参戦。「確固たる名作という事で、その中でどんな役と出逢えるのか不安と楽しみ…不安が勝っていたのが正直なところです」とオファーを受けた心境を明かす。「作品内に、様々なテイストの劇中劇が盛り込まれている点」が魅力だと感じた本作だが、「バイプレウッドにおいては、皆さんが自然に佇んでいたので、スタッフと演者の区別がつきませんでした」と笑う。“原田龍二”役初挑戦の感想は「『意識しないようにする』ことを意識していたような気がします」と振り返った。

★原田龍二/1970年10月26日東京都生まれ。1990年第3回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞し、1992年に俳優デビュー。端正なルックスで『OLヴィジュアル系』シリーズ(テレビ朝日系)や、助さん役を演じた『水戸黄門』シリーズ(TBS系)など幅広い作品で好演。『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)で演じる陣川公平役は根強い人気を誇る。映画、ドラマ以外にもバラエティー番組や情報番組のMCなど活躍の場を広げ、2020年からは自身のYouTubeチャンネル「原田龍二の『ニンゲンTV』」を立ち上げ配信中。

●『バイプレイヤーズ』第5話プレイバック 視聴者の「いいね」が少なければ殺されて降板!? 究極のサバイバルゲーム開幕! 5チャンのサスペンスドラマ『わたしの番です』は、毎回殺人ゲームが引き起こされるストーリーと視聴者の考察合戦で盛り上がり、好調だった。しかし、自分がいつ殺されるのか分からず役者たちは終始不安で…。そんな中、主演の原田龍二が殺され、生き残りを懸けた何でもアリのアピール合戦に発展! 仁義なき役者たちの戦いに衝撃的結末が待ち受ける…!