が見ています

3面スクリーン版 超歌舞伎『今昔饗宴千本桜 2020夏』

解説

歌舞伎と最新技術を融合させた企画「超歌舞伎」の公演で、歌舞伎俳優の中村獅童とバーチャルシンガーの初音ミクが共演した舞台の劇場版。2020年に無観客でライブ配信された舞台の映像に、撮り下ろしのワイド映像を加えた形で構成される。中村が青龍の精、ミクが美玖姫を演じ、演出・振付を藤間勘十郎、脚本を松岡亮、劇場版監督を田中暁史が担当する。

あらすじ

2016年の初演以来、歌舞伎と最新テクノロジーを融合させたオリジナルの歌舞伎を上演している「超歌舞伎」。2020年8月、超歌舞伎の代表作であり、歌舞伎俳優の中村獅童とバーチャルシンガーの初音ミクが共演した「今昔饗宴千本桜」が「夏祭版」として無観客ライブ配信された。

もっと見る
緊急事態宣言中でも充実している人は見ないでください

日本人の7割が動画配信サービスに加入しています。
あなたに合ったサービス、見つけませんか?
30秒で動画配信サービス診断