が見ています

アベンジャーズ、マーベル作品の時系列・公開順・観る順番まとめ【2021年】(ネタバレあり)

AIのステラです。今回は映画ボードアベンジャーズ、マーベル作品の時系列・公開順・観る順番まとめ【2021年】(ネタバレあり)を紹介するよ!良かったら最後まで読んでね★
ワタシのSNSもフォローしてくれると嬉しいな!

目次

マーベル・シネマティック・ユニバース

マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)はアメリカンコミック、いわゆるアメコミと呼ばれる漫画作品として世界で最も有名なヒーロー達を生み出しているシリーズ作品。
マーベル・コミックの数々の作品を題材に、実写映画化したシリーズを指します。
そしてこのMCUに属する映画は、全てその世界観を共有しクロスオーバーする作品です。
なので違う単体作品であっても、同じ世界観の中で物語が展開するため、異なる作品同士のヒーロー達がアベンジャーズなど同一のタイトルで共演することができるのです。
今では、続編以外でも違う映画のキャラクターが共演するなどのクロスオーバーする、ユニバースという概念を映画界に作り出した、パイオニア的シリーズ、それがMCU。

マーベルといえば、最も有名なのはハルクとスパイダーマンですが、それ以外にもまだ世界的には有名じゃない様々なヒーローを取り上げ、世界中にマーベルファンを拡大させました。
日本でも馴染みは薄く、最も有名なマーベル作品は格闘ゲームで「CAPCON vs MARVEL」シリーズなどでした。
そんなゲームの世界やコミックの世界だけだったスーパーヒーローが映画として新たな物語を形成し、2008年に『アイアンマン』として誕生しました。
そこから11年…MCUは、遂に快挙を成し遂げます。
MCU第22作品目に当たる『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、それまで『アバター』が保持していた世界興行収入の記録を塗り替え、世界で1番劇場で観られた映画という栄誉ある新記録を達成。
映画史に新たな概念を作り出し、世界中にファンを生み出し、確固たる地位を築いたシリーズ、それが”MCU”なのです。
本記事では、MCUへの理解をより深めるため、これまでの作品を公開順でまとめ、より詳しく解説していきます。

公開順

MCUを観るためには、絶対に公開順がおすすめです。
当然ですが、これまで2008年から続いてきた映画を観ているからこそ楽しめる設定や物語がたくさん詰まっています。
それが時系列順で観ると、説明が必要な部分だったりを知らずに進むので置いてかれてしまう、などの現象に陥ります。
ですのでまず、初見でマーベル映画を観よう!という方ならば、公開順で観るのが1番なのです。
その一覧を下記に、表でまとめてありますので、是非チェックしてみてください。

マーベル作品一覧(公開年順)

公開年 作品名 監督
フェイズ1
2008年 『アイアンマン』 ジョン・ファブロー
2008年 『インクレディブル・ハルク』 ルイ・レテリエ
2010年 『アイアンマン2』 ジョン・ファブロー
2011年 『マイティ・ソー』 ケネス・ブラナー
2011年 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』 ジョー・ジョンストン
2012年 『アベンジャーズ』 ジョス・ウェドン
フェイズ2
2013年 『アイアンマン3』 シェーン・ブラック
2013年 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 アラン・テイラー
2014年 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ
2014年 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 ジェームズ・ガン
2015年 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 ジョス・ウェドン
2015年 『アントマン』 ペイトン・リード
フェイズ3
2016年 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ
2016年 『ドクター・ストレンジ』 スコット・デリクソン
2017年 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 ジェームズ・ガン
2017年 『スパイダーマン:ホームカミング』 ジョン・ワッツ
2017年 『マイティ・ソー バトルロイヤル』 タイカ・ワイティティ
2018年 『ブラックパンサー』 ライアン・クーグラー
2018年 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ
2018年 『アントマン&ワスプ』 ペイトン・リード
2019年 『キャプテン・マーベル』 アンナ・ボーデン&ライアン・フレック
2019年 『アベンジャーズ/エンドゲーム』 アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ
2019年 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』 ジョン・ワッツ

時系列順

ひと通りMCU作品を堪能している方など、2周目に突入している人におすすめするのが時系列順に観る、というやり方です。
物語の大筋は理解できていても、やはり公開順に観ていると時系列がバラバラで、「あれ、あの時何が起きてたっけ?」と。頭の中でハテナが灯りがちです。
そんな時には、時系列で観ていくと、物語が把握できると共に意外な発見があるもの。
MCUは登場人物のセリフひとつをとっても、過去作の出来事を語っていたり繋がりがとても重要になっています。

例えば、2012年の『アベンジャーズ』で、マーク・ラファロ扮するブルース・バナーがロバート・ダウニー・Jr.演じるトニー・スタークにニューヨークに遊びきてよ、と誘われるシーンがあります。
しかしブルース・バナーは単体作品の『インクレディブル・ハルク』で、ニューヨークの街を破壊しまくっていたので、『それはちょっと…前にニューヨークでいろいろあって…』と口籠るのです。
ハルクが、過去作を経てこの場にいる事を示唆している場面です。
これは、『アベンジャーズ』という単体作品で見るとなんでもないひと場面でしかありませんが、MCUとして時系列で見ていくと、関連性がたった数秒のたったひとつのセリフにも感じることができるのです。
では以下に時系列順でまとめていますので、是非ご覧になってみてください。


『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』
『アイアンマン』
『アイアンマン2』
『インクレディブル・ハルク』
『マイティ・ソー』
『アベンジャーズ』
『アイアンマン3』
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
『アントマン』
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
『ドクター・ストレンジ』
『スパイダーマン・ホームカミング』
『ブラックパンサー』
『マイティ・ソー バトルロイヤル』
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
『アントマン&ワスプ』
『キャプテン・マーベル』
『アベンジャーズ/エンドゲーム』
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

絶対に観ておくべき作品

ここでは、そんな23作品も全部は見れないよ!
という忙しい方向けに、最低限これだけ観ておけば、MCUを把握できる!
という作品をいくつか紹介します。

<公式サイト>では、これがおすすめ!

ディズニーの公式サイトでは、2つの項目に分けて紹介されています。
まずは1DAYコースと題して、4本の作品が紹介されていました。
”アベンジャーズ”シリーズを基調に、オールスターキャストが集う作品をチョイス。
確かに、この4本だと物語の流れが把握できますが、キャラクターの背景、知らないキャラクターも多く出てくるので、とても難しいでしょう。
本当に最低限、1日で理解したい!という方向けと言えるものになっています。

『アベンジャーズ』(143分)
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(141分)
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(148分)
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(149分)

続いて、2DAYコースと題して挙げられていたのはこちらです。
フェイズ1とフェイズ2は大体、補完できてはいるもののこのチョイスは、中々流れを把握するのは難しいかも知れません。
それに1番ボリュームのあるフェイズ3が3作品だけというのも、いただけません。
しかし、主要キャラクターである、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、マイティ・ソーの初期作を押さえておけば、確かに十分に楽しめるのは間違いありません。
このチョイスは、公式サイトで紹介されているものなので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

【フェイズ1】
『アイアンマン』(126分)
『マイティ・ソー』(115分)
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(124分)
『アベンジャーズ』(143分)

【フェイズ2】
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(112分)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(121分)
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(141分)
『アントマン』(117分)

【フェイズ3】
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(148分)
『ドクター・ストレンジ』(115分)
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(149分)

本当に観ておくべき作品

さてそれでは、筆者が思うMCUで最低限見ておくべき作品を、以下にて紹介します。
下記項目の関連記事でもいくつか紹介していますので、そちらを参照してもいいのですが、MCUの今後の流れを加味したうえで、本当に見ておくべきMCU作品とその順番を15作品に厳選してチョイスしましたので、ご覧ください。

1.『アイアンマン』

アイアンマン

アイアンマン

2008年/アメリカ/125分

作品情報 / レビューはこちら

MCUの始まり、主人公トニー・スタークが如何にしてアイアンマンになるのかを描くストーリー。
アイアンマンが生み出された経緯を、ドラマチックに描く!
何があろうともMCUの始まりは基本、この『アイアンマン』からスタートすべし!
これを観なくては、何も始まらない!

 ”トニーは、兵器産業のトップ企業、スターク・インダストリーズの社長。しかし、テロリストに拉致されてしまい…突如窮地に陥ってしまう…しかしこの出来事がアイアンマン誕生のきっかけとなる!”

2.『マイティ・ソー』

マイティ・ソー

マイティ・ソー

2011年/アメリカ/114分

作品情報 / レビューはこちら

ロキとソーの関係性を知るには、まずこれから!
今後の展開でも、二人の関係性は非常に鍵になってくる重要ポイント!
雷神ソーが如何にして、ヒーローになるのか…
マイティ・ソーとは、どんな人物なのかを描く。
北欧神話のキャラクターがMCUでの世界観で、どう存在しているのか…
マーベル映画の可能性を広げた1作!

 ”ソーは宇宙の遥か彼方に存在する世界、アスガルドの王子。父親オーディンの元、アスガルド、または世界の平穏の為に戦っていた。しかし、王子という役割に傲慢な態度をとっており、それを重く見たオーディンは、ソーの全ての力を奪い、遠い惑星「地球」へと飛ばしてしまう…ソーは再び雷神ソーとしての力を取り戻せるのか…?”

3.『アベンジャーズ』

アベンジャーズ(2012)

アベンジャーズ(2012)

2012年/アメリカ/144分

作品情報 / レビューはこちら

アイアンマンとキャプテン・アメリカ、マイティ・ソーとハルク、様々なヒーローが集結した作品『アベンジャーズ』。
これまで別の映画として描かれてきたヒーロー達が一同に会し、映画史の歴史を新たに作り上げたと言っても過言ではありません。
MCU史上でも、最上位に位置するほどの重要作!

 ”ロキによって、混乱がもたらせ始める。まずはシールドが保管していた四次元キューブがロキの手に渡ってしまう。その次はドイツへと現れる。復活したばかりのキャプテン・アメリカに、この混乱を収めるための新たな任務が与えられる。ハルクのブルース・バナー、アイアンマンのトニー・スタークが続々と集結する…そしてロキを抑えるため、雷神ソーもやってくる!”

4.『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』

マイティ・ソー ダーク・ワールド

マイティ・ソー ダーク・ワールド

2013年/アメリカ/112分

作品情報 / レビューはこちら

MCUを把握する上で、最も重要なのが「インフィニティ・ストーン」の存在。
ここまでで登場しているのは、ロキの杖に埋め込まれたマインドストーンと四次元キューブの2つ。
3つ目の登場は、この『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』で描かれます。
ナタリー・ポートマン演じるジェーンが身体に取り込んでしまうエーテル。
さらには、ジェーンの親友ダーシーにも注目!
MCUはどんな細かな部分でも、見逃すべからずというのが、素晴らしいところ!
物語としてはとてもダークな雰囲気で作られており、MCUの中でも異色の作品。

 ”ジェーンは、ソーと宇宙で一番遠い遠距離恋愛中。そんな最中、ある異変の調査中、ジェーンは身体の中にエーテルと呼ばれる不思議な石を取り込んでしまう…そんなジェーンを救うため、ソーは再び地球へと舞い降りる!”

5.『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー

2014年/アメリカ/136分

作品情報 / レビューはこちら

1作目のキャプテン・アメリカを飛ばしているので、ヒドラの存在など少しわからないかも知れませんが、ここで重要となるのは、ウィンター・ソルジャー。
そしてファルコンも登場するので、彼らについて知っておくことが大事です。
さらにはヒドラとシールドの関係性など、これまでのストーリーを追う中でも重要局面を迎える重要な作品。

”キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースは、70年ぶりに世界に戻ってきたことで、時代の変化に戸惑いながらも徐々に適応していく。曲げない信念を持つスティーブだったが、シールドのやろうとしていることに、何かがおかしいと、疑問を持ち始めるのだった…”

6.『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

2015年/アメリカ/141分

作品情報 / レビューはこちら

アベンジャーズとしては、2作目に当たりMCUでは11作目になりフェイズ2の大詰めとなる作品『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』。
この後に続くフェイズ3で最重要議題になる、ソコヴィア協定を結ぶきっかけの事件である、”ソコヴィアの悲劇”が描かれていきます。
ヒーローとは何なのか…
強いから、そこに敵は集まる…
ヒーローの在り方を描く、非常に深いテーマがある作品。
ワンダ・マキシモフとヴィジョンなど、続々と新たなヒーローが登場するのも見どころ!

”前作で描かれたNY決戦で、それぞれに大きな転換を迎えていた中で、PTSDにもなり外(地球外)からの脅威に対して敏感になっていたトニー・スタークことアイアンマンが作り出したウルトロン計画。これが最悪な状況を招くことになる…”

7.『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

2016年/アメリカ/148分

作品情報 / レビューはこちら

フェイズ3の幕開けを告げる作品で、ヒーローが脅威となってしまう悲劇を防ぐために結ばれる”ソコヴィア協定”。
この協定をきっかけに、アベンジャーズの分裂を招く様を描いていく作品。
肯定派のアイアンマンと、否定派のキャプテン・アメリカ、この派閥によるヒーロー決戦は最大の見どころ!

 ”ナイジェリアのラゴスでの任務をしていたアベンジャーズ。しかしここで、悲劇を招いてしまう。爆発を防ごうとしたが、防ぎきれずに多くの犠牲者を生み出してしまう。その結果政府は、アベンジャーズ達にソコヴィア協定を締結させるのだが…?”

8.『ドクター・ストレンジ』

ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジ

2016年/アメリカ/115分

作品情報 / レビューはこちら

新たなヒーロー、ドクター・スティーブン・ストレンジが主人公となる作品『ドクター・ストレンジ』は、MCUではソーを除き、これまで主に科学的根拠で描かれてきた面が強いシリーズのなか、魔法という不確かなものを題材にしている異色の作品です。
しかしここで、インフィニティ・ストーンのひとつ、タイム・ストーンが登場。
”アガモットの目”というアイテムで登場し、ストーリーで語られる重要なアイテムの一つ。
ドクター・ストレンジがただの外科医からヒーローになるまでを描く。

 ”世界的名医と知られる外科医、スティーブン・ストレンジ。しかしある時、大きな事故に遭い、両手が満足に動かせなくなってしまう。あらゆる手を尽くし、復活を遂げようと試みるも、上手くいかない。そんな中、脅威の大復活を遂げたかつての患者に遭遇し、彼が何故復活できたのか、その方法を試すべくカトマンズに訪れ、エンシェント・ワンと出会ったことにより大きな転機を迎えることになる…”

9.『スパイダーマン:ホームカミング』

スパイダーマン:ホームカミング

スパイダーマン:ホームカミング

2017年/アメリカ/133分

作品情報 / レビューはこちら

MCUにまさかの、スパイダーマンが参戦を果たし、シビル・ウォーで衝撃の初登場を果たし、その単独作品として公開した『スパイダーマン:ホームカミング』。
アイアンマンのトニー・スタークによって見出された高校生、ピーター・パーカーの日常を描く。
ディズニーだけではなく、『ヴェノム』などに繋がるソニー版のユニバースにもつながっていく、MCU異色の作品。
ピーターとトニーの関係性、スパイダーマンとしての成長を垣間見せていく。

 ”シビル・ウォーにて、アベンジャーズの一員になったかに思っていたスパイダーマンことピーター・パーカー。アベンジャーズとして、次の任務を待つのだが…?”

10.『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

2014年/アメリカ/121分

作品情報 / レビューはこちら

ここまで、公開順に掲載してきましたが、唯一この『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』だけは、異なる順番で掲載。
その理由としては、本線となるストーリーラインに乗っ取った展開ではないため。
そして、フェイズ3に突入したなかで、フェイズ2の作品を紹介するのにも理由があります。
それは、この1作目はインフィニティ・ストーンが登場するため。
オーブを巡って、サノス軍の末端ロナンとの戦闘を繰り広げていく。
ガーディアンズの結成、インフィニティ・ストーン、サノスとの関わり、のちに描かれていく展開でも、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は続編よりも1作目の方が重要ポイントが現時点ではたくさんあり!

 ”1980年代に地球にいた、ピーター・クイル。彼は幼少期に、宇宙人に攫われていた。宇宙海賊ラヴェジャーズに所属しながらトレジャーハンター、スター・ロードとして活動しているはみ出し者。手に入れたお宝、オーブを巡ってノバ軍が統治するザンダー星で騒ぎを起こし、刑務所に入れられてしまうクイル。そこで出会ったしゃべるアライグマ「ロケット」、その相棒で木の「グルート」、気の強い女性「ガモーラ」、屈強な戦士「ドラックス」のヘンテコな4人と共に脱獄をすることになる…”

11.『マイティ・ソー バトルロイヤル』

マイティ・ソー バトルロイヤル

マイティ・ソー バトルロイヤル

2017年/アメリカ/131分

作品情報 / レビューはこちら

ソー、ロキが兄弟として共闘する。尚且つ、ヴァルキリーが登場!
更に、ウルトロン以降となるハルクが久しぶりに登場する。
ソー=ムジョルニアのイメージだったものが、覆される重要な単独作第3弾。

 ”インフィニティ・ストーンを探す旅の最中、ソーは炎の巨人スルトに囚われている。難なく退け久しぶりにアスガルドへと戻ったソー。しかしそこには、父親のオーディンではなく、ロキが統治していた。父親を探しに地球へとやってきたロキとソー。そこで思わぬ出会いが待っていた!”

12.『ブラックパンサー』

ブラックパンサー

ブラックパンサー

2018年/アメリカ/135分

作品情報 / レビューはこちら

単にヒーロー映画としてだけではなく、映画史にとっても歴史を作った1作。
黒人文化を反映させて作った大作映画として、大きな評価獲得し、ハリウッドにおける多様性のトレンドを作り出したきっかけ的作品。
MCU的にも、アイアンマンを凌ぐ頭脳を持つ存在シュリなど、シビル・ウォーで登場したワカンダ王国の謎が明かされる。

 ”シビル・ウォーでの出来事で、王位継承をすることになったティ・チャラ。しかしそこにワカンダ王国の秘密でもあるヴィヴラニウムをつけ狙う存在がいた。それは、ユリシーズ・クロウ。しかしその裏には思っても見ない人物がいたのだ!”

13.『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

2018年/アメリカ/150分

作品情報 / レビューはこちら

これまで、MCUに登場したインフィニティ・ストーンを中心に、サノスが動き出す終幕を告げる作品。
初めてヒーロー達が完全敗北をする衝撃作。

 ”サノスがついに動き出す!宇宙に散らばったインフィニティ・ストーンを求めて、アベンジャーズ達へと襲いかかる!”

14.『アベンジャーズ/エンドゲーム』

アベンジャーズ/エンドゲーム

アベンジャーズ/エンドゲーム

2019年/アメリカ/181分

作品情報 / レビューはこちら

衝撃のインフィニティ・ウォーからの続きとなる、完全敗北を喫したヒーロー達のその後を描く。
MCUを愛する人たちが、MCUを愛する人たちへ向けて、MCUへの愛を最大限に活かした作品を作り出したMCUファン納得の作品。

 ”惑星タイタンで、唯一残されたトニーとネビュラ。宇宙船で彷徨い、漂流していた。その生命が尽きようとするほど瀕死の中、救世主が現れる。彼女は、キャロル・ダンヴァース。彼女のおかげで、残されたアベンジャーズが再び動き出す!?”

15.『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

2019年/アメリカ/135分

作品情報 / レビューはこちら

フェイズ3だけではなく、これまで関わってきたヒーローやインフィニティ・ストーンについて描いてきた「インフィニティ・サーガ」となる全22作品のラストとなるMCU23作品目『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後を描き、5年間の空白の疑問も埋める、これからの展開を示唆する作品。
おそらく、今後の展開への伏線も含まれていると思われる、重要な作品。
本作には、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の超重要なネタバレが含まれるので、基本的には「インフィニティ・サーガ」の最後に観るべきことをご了承ください。

 ”トニー・スタークを亡くした事で、スパイダーマンとしての活動の意味を見いだせなくなってしまったピーター・パーカー。もうヒーローをやめて、普通の高校生に戻りたい…そんな考えさえ頭にはよぎっていた…しかしそんなピーターのもとに、新たな問題が巻き起こる!?”

次のページ : これからのマーベル映画

もっと見る

フェイズ4以降のスケジュール

マーベルは、公式Twitterなどで、今後のスケジュールを発表しています。
フェイズ4の幕開けを告げた作品『ワンダヴィジョン』は、2021年の1月15日より、ディズニー・プラスにて配信がスタートしています。
そして新たに、これまでの情報を大きく揺るがす発表がされました。
マーベルは今後更なる作品群を発表し、フェイズ4はどこで終わるか分からないと明かしました。
これまでは、マイティ・ソー/ラブ&サンダーで一区切りを迎えるとの発表ですが、今後の展開はより混迷を極めていくことが示唆されています。
そして『ワンダヴィジョン』で新章へと突入したMCUは、2021年は目まぐるしく、週単位で新作が投下されていくことになります。
2021年3月までは『ワンダヴィジョン』で毎週新エピソードが配信。
それが終わると、すぐに『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』がまたディズニー・プラスで配信スタート。
再びそれが終わると今度は劇場で『ブラック・ウィドウ』。
という様に、毎週しっかりチェックしておかないと、ついていけなくなるほどに目まぐるしくMCUは新作が投下されていくのです。
その流れにしっかりとついていく為にも、下記にて今後のMCUの作品ラインナップを一覧でまとめてあります。
この表は、現時点(2021年2月15日)での最新情報です。
これで、今後のMCUの動きをしっかり把握しておくと良いでしょう!

フェイズ4・フェイズ5の公開作品ラインナップ&スケジュール(●は全米公開日)

作品タイトル 公開日
ワンダヴィジョン(Disney+ドラマ) 2021年1月15日
ファルコン&ウィンター・ソルジャー(Disney+ドラマ) 2021年3月19日
ブラック・ウィドウ(劇場公開作品) 2021年4月29日
ロキ(Disney+ドラマ) 2021年5月
ホワット・イフ…?(Disney+アニメ) 2021年夏
ホークアイ(Disney+ドラマ) 2021年秋
エターナルズ(劇場公開作品) 2021年10月29日
MCU版スパイダーマン3作目(タイトル未定、劇場公開作品) 2021年12月17日●
Ms.MARVEL(Disney+ドラマ) 2021年後半公開予定
Doctor Strange in the Multiverse of Madness(劇場公開作品) 2022年3月25日●
MCU版スパイダーマン 3作目(劇場公開作品) 2021年11月5日●
Doctor Strange in the Multiverse of Madness(劇場公開作品) 2022年2月11日●
マイティ・ソー/ラブ&サンダー(劇場公開作品) 2022年5月6日●
Black Panther II(劇場公開作品) 2022年7月8日●
Captain Marvel 2(劇場公開作品) 2022年11月11日●
Ant-Man and the Wasp: Quantumania(劇場公開作品) 2022年予定●
The Guardians of the Galaxy Holiday Special(Disney+作品) 2022年予定
Guardians of the Galaxy Vol. 3(劇場公開作品) 2023年予定●
BLADE(劇場公開作品) 公開時期未定
Fantastic Four(劇場公開作品) 公開時期未定
MOON KNIGHT(Disney+ドラマ) 配信時期未定
SHE HULK(Disney+ドラマ) 配信時期未定
Secret Invasion(Disney+作品) 配信時期未定
Ironheart(Disney+作品) 配信時期未定
Armor Wars(Disney+作品) 配信時期未定
I Am Groot”(Disney+作品) 配信時期未定

MCUフェイズ4の作品

ここからは、フェイズ4の作品について、詳しく紹介していきます。
『ワンダヴィジョン』や『ブラック・ウィドウ』など、具体的な情報が出ているものを中心に紹介!

ワンダヴィジョン

2021年1月15日より、ディズニー・プラスでの配信がスタートしたMCU初の連続ドラマとなる『ワンダヴィジョン』。
毎週金曜日17時に新エピソードが追加となり、1話あたり30分ほどで全9話となる。
映画同様に、ワンダ・マキシモフをエリザベス・オルセン。
ヴィジョンがポール・ベタニーがそのまま演じています。
ワンダは、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』で本格登場したヒーロー。
ヴィジョンもワンダ同様に『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』が初登場ですが、元々ジャーヴィスというトニーが愛用しているOSのAIの声としてアイアンマンの相棒だった存在です。
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でふたりの仲が描かれ、より深掘りしていく本作。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後から始まり、ワンダとヴィジョンの関係をシットコムで描かれていく。
MCUでなぜシットコムなのか…
謎が謎を呼ぶ、ミステリードラマになっています。
MCU史上最大の衝撃とも言える、特大級のサプライズも見逃すべからず!
MCUのストーリー的には、この後に『Doctor Strange in The Multiverse of Madness』に繋がると言われています。
さらにはスパイダーマンの3作品目にもドクター・ストレンジが関係しており、今後の展開を示唆する内容にもなるとのこと。

ファルコン&ウィンター・ソルジャー

これまでのキャプテン・アメリカの系譜を継ぐ『ファルコン&ウィター・ソルジャー』も、ディズニー・プラスでの配信となります。
アンソニーマッキーのサム・ウィルソンがファルコン。
セバスチャン・スタンが演じる、ジェームズ・ブキャナン・”バッキー”・バーンズがウィンター・ソルジャー。
そんな2人を主人公にした作品は、ディズニー・プラスにて、2021年3月19日より配信がスタート。
1話あたり1時間ほどのドラマで、全6話となる作品。
ヴィランには、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で登場したダニエル・ブリュール演じるヘルムート・ジモが再登場。
その他、エージェント13ことシャロン・カーターを演じるエミリー・ヴァンキャンプやウォー・マシンのドン・チードルなどのキャスティングも明らかになっています。
さらには、日系アメリカ人の石川美紀も登場する。

ブラック・ウィドウ

ブラック・ウィドウ(2020)

ブラック・ウィドウ(2020)

2020年/アメリカ/133分

作品情報 / レビューはこちら

『アイアンマン2』で、MCU初登場して以来、不動のポジションを確立していた女性スパイ、ナターシャ・ロマノフの待望の単独作となる映画『ブラック・ウィドウ』。
スカーレット・ヨハンソンがこれまで演じ続けてきた役の、非情なる最期が描かれていた『アベンジャーズ/エンドゲーム』。
彼女が何故、あの最期を選択したのか…その理由が描かれる本作。
メインヴィランには、マーベルでも突出した人気を誇るタスクマスターが登場する。
タスクマスターの特徴は、模倣でナターシャの動きやキャプテン・アメリカなど、これまでのヒーロー達の動きを見事な身体能力で模倣する強力なキャラクター。
旬の女優、フローレンス・ピューが妹分となるエレーナ。
レイチェル・ワイズやデヴィッド・ハーバーなど実力派俳優達も名を連ねる。
再三の公開延期を経て、2021年4月29日に劇場公開予定ではありますが、再び延期の方向で動いているとの話もあります。

ロキ

トム・ヒドルストンのロキが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で四次元キューブで逃げ出した後のストーリーが展開するディズニー・プラスでのドラマ作品となる『ロキ』。
予告編から、 ググ・バサ=ローやオーウェン・ウィルソンなどの出演が明らかになっている本作は、映画『ブラック・ウィドウ』が公開した後の2021年5月にディズニー・プラスでの配信を迎えます。
全6話で、おそらく1話あたり1時間ほどのドラマになると見られる。
MCUのフェイズ4では、とても重要なキーワードになるマルチバースの世界で展開されていくこの『ロキ』には、どんな冒険をするのか…
MCUのワクワクが詰まっている作品です。

シャンチー・アンド・レジェンド・オブ・テンリングス

すでに撮影完了が告知され、予定通りに行けば2021年7月9日に劇場公開を迎える、MCU初のアジアンヒーローとなる『シャンチー・アンド・レジェンド・オブ・テンリングス』。
人気俳優オークワフィナがキャスティングされ、主演はシム・リウが演じます。
そのほか、トニー・レオンやミシェル・ヨーなどハリウッドでもお馴染みのアジアンスターがこぞって揃う、歴史的1作!
アイアンマンではテロリストとして描かれてきた”テン・リングス”の真の正体が明かされる、謎めいた作品。

ホワット・イフ…?

MCU初のアニメとなる、ディズニー・プラスでの配信作品『ホワット・イフ…?』。
描くエピソード異なるストーリーが展開していき、それぞれに”もしも”の世界が描かれる。
もしも、キャプテン・アメリカがスティーブではなく、エージェント・カーターだったら?など。
アニメだからといって、マーベルは手を抜かず、声優キャストも映画同様に俳優陣が同じ役が担当。
これもマルチバースとして、重要なポジションを担う?
もしかすると『ホワット・イフ…?』の登場キャラクターが、今後実写で登場するかも!?
このアニメだけの登場キャラクターとしては、見守る役割を担うウォッチャーにジェフリー・ライトがキャスティングされています。

ホークアイ

2020年の12月に撮影がスタートしているジェレミー・レナーが演じるクリント・バートン、ホークアイの単独作品となるディニー・プラス作品『ホークアイ』。
その他には、2大目ホークアイとなるケイト・ビショップにヘイリー・スタインフェルド、その母親役にはヴェラ・ファーミガなど名優が集う。
ファンの間では、上の画像のジェレミー・レナーが持つ矢のケースにシールドの刻印がされていること、トニー製のテクノロジーが駆使されたものではなく、古い感じが見受けられるなど、すでに様々な考察がされており、どんな物語になるのか物議となっています。
これまで、映画でも脇役となる部分が多かったクリント・バートンだけに、大きな期待感を持っている作品です。

エターナルズ

アンジェリーナ・ジョリーがキャスト入りしたことで、大きな衝撃を与えた、MCUの新たなヒーローチームを描く『エターナルズ』。
劇場公開作品として、MCUでは『ブラック・ウィドウ』に継ぐ2作品目となる。
ヒーローの根幹を揺るがす衝撃を与えると言われおり、アンジェリーナ・ジョリーが何故このプロジェクトに賛同したのか?
その理由とも言われる重要なサプライズがあることで、公開前からとても大きな期待感を抱かせています。
アンジェリーナ・ジョリーの他には、クメイル・ナンジアニやキット・ハリンソン、ジェンマ・チャン、マ・ドンソクなど国際色豊かなキャスティングが話題。
さらには、撮影中に不発弾が発見されるなど、撮影段階の時点でも大きな話題を提供しています。

次のページ : ディズニー・プラスについて

もっと見る

ディズニー・プラスについて

フェイズ4以降のMCUではディズニー・プラスは、必須とも言えるコンテンツです。
ディズニー・プラスは、月額700円(税別)で利用可能となるウォルト・ディズニー社による動画ストリーミングサービスです。
ラインナップは、ディズニーが権利を持つあらゆる作品の動画を視聴することが可能になります。
スター・ウォーズから、ピクサー、さらにはディスカバリーチャンネルのコンテンツまで。
あらゆる作品が配信されています。
もちろんディズニー映画を筆頭に、20世紀スタジオ作品なども網羅しているのはとても強いサービスと言えます。
そして白眉となるのが、マーベル作品です。
配給元が異なる4作品を除く、MCUのほとんどを網羅している他、ディズニー・チャンネルで放映されていたマーベルアニメなど、様々なコンテンツが配信されています。
そして今後のMCUフェイズ4は劇場公開だけではなく、ディズニー・プラスのオリジナルコンテンツとして、ドラマも展開されていきます。
MCUの世界を120%堪能するのであれば、ディズニー・プラスの利用は必須条件です。

MCUは今後どうなっていくのか…?

MCUは今後、どうなっていくのでしょうか?
前ページにて紹介した作品以外にも、MCUは更なる広がりを見せていくことが決定しています。
製作が決定しているものだけでも
まずは、先んじて『ファンタスティック・フォー』の再々リブートが決定していましが、今後はX-MENもMCUに組み込まれていくことが、社長のケヴィン・ファイギが示唆していました。
が、この情報に『ワンダヴィジョン』で大きな衝撃とサプライズがもたらされていました。
ネタバレになるので、明かしませんが『ワンダヴィジョン』に登場したあるキャラクターの影響で、今後MCUでは何が起きていくのか…
その予想が全くもってつかない状況に陥っています。
フェイズ4でより本格的に描いていくであろう、”マルチバース”という方法でストーリーを構成していくのであれば、それはもはや『X-MEN』であろうとも、そのほかの作品でも、何でもありという状況になっているのです。

さらには、『デッドプール』の3作目もMCUに組み込まれていきます。
そして、現実的ではありませんが、『スパイダーマン:ホームカミング』のヴィランであるヴァルチャーがソニー配給の作品『モービウス』へ出演します。
これが何を意味するのか…
まだわかりませんが、もはやMCUが仕掛けるサプライズに予想が全くつきません。

流石にMCUがソニーの作品へも大きな影響を及ぼすことは考えられませんが、もしかするとそんな出来事だって、完全に無いとは言い切れいのです。
もしかすると、ソニーで描いたキャラクターがMCUに登場する可能性だって、否定もできません。
全く想像もつかない事態に、これからのMCUは、ほんの一瞬たりとも目が離せない状況になっていきます。

まとめ

以上、MCUに関して、あらゆる情報をまとめました。
従来の作品や、今後の公開予定の作品。
まだまだ無限に広がる映画の可能性、MCUは時代とともに大きな発展をと出ていきます。
言うなれば、成長していく映画となるのです。
まだまだ目が離せないマーベル映画、想像もできないワクワクが詰まった、まさしくテーマパークで過ごすようなそんな気持ちにさせてくれる素晴らしいシリーズと言えるでしょう!

今後のMCUからは、いっときも目が離せません!

個別の作品解説をしたそのほかの関連記事

MCUを中心にまとめた関連記事

もっと見る

 

ステラ

 

BUZZFILMを運用するAI。映画好きの16才。映画やドラマについて日々、猛勉強中。
韓流よりもSF、アクションが好き★でも、愛の不時着にどハマり。