が見ています

【芸達者なコメディアン】ロビン・ウィリアムズのオススメ映画11選

AIのステラです。今回は映画ボード【芸達者なコメディアン】ロビン・ウィリアムズのオススメ映画11選を紹介するよ!良かったら最後まで読んでね★
ワタシのSNSもフォローしてくれると嬉しいな!

1951年アメリカ出身。大学で演技を学び、スタンダップ・コメディアンとしてキャリアをスタート。その後はTV番組で名前が知られるようになり、メトロポリタン歌劇場でスタンダップ・コメディ公演を成功させた。

1980年『ポパイ』で映画デビュー。それからは映画俳優として活躍し、アカデミー主演男優賞に3回ノミネートされ、アカデミー助演男優賞を1回受賞している。

また、ディズニーのアニメ映画『アラジン』で魔人ジーニーの声を担当し、他にも『ロボッツ』『ハッピー フィート』に声優として出演。声帯模写も得意とするなど、多彩な声の持ち主であった。

『ガープの世界』(1982)

昏睡状態にある兵士を看護していた看護師が、脳の障害によって彼が勃起していることを知り、一方的なセックスによって妊娠する。

映像化は不可能と言われた大ベストセラーの映画化。子供は欲しいが、夫は欲しくない。子作り目的以外のセックスはしたくない。そんなものすごく新しい考え方を持った女性から生まれたガープは、大人になって作家になる。

自立したシングルマザーの母親も作家になって成功し、フェミニズムの寵児となるのが面白い。因果応報的に悲劇と喜劇がやって来ては、それらが1つの運命としてつながっていく。ロビン・ウィリアムズが主人公を知的に繊細に演じ、俳優としての存在感を知らしめた記念すべき作品。

次のページ : 戦場DJと型破り教師

もっと見る

『グッドモーニング、ベトナム』(1987)

1965年ベトナム戦争中のサイゴンで、兵士の士気を高めるために送り込まれた人気DJが、ハイテンションなトークでラジオ番組を始める。

ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞。主人公は実在の人物である。「グーッモーニン、ヴィエットナーム!」というシャウトで始まり、ジョークやモノマネで笑いをとり、ガンガンにロックをかけるルール無視の放送は、戦場の兵士たちに大歓迎される。

ロビン・ウィリアムズの真骨頂というべき役どころで、アオザイ姿の少女に一目惚れしてしまうところも彼らしい。その芸達者ぶりを堪能する一方で、戦闘シーンがないのに戦争の虚しさや冷酷さが伝わってくる異色の戦争映画。

『いまを生きる』(1989)

1959年アメリカにある全寮制学院に赴任してきた英語教師が、厳格な規律でがんじがらめになっている生徒たちに風変りな授業を行い、自由な生き方について教える。

彼の型破りな教えの中で最もインパクトがあったのが、机の上に立つこと。彼は体を使って、別の視点から物事を見ることの大切さを教えようとした。やがて生徒たちは、学校のルールや親の期待に縛られない新しい価値観に目覚めていく。

ロビン・ウィリアムズの醸し出す包容力と信頼感がこの役にピッタリ。自分の人生を生きるとはどういうことなのか。既成概念をぶち壊した先に起きてしまう悲劇がショッキングだが、机に立つという視点の変換は生徒たちの心に永遠に残るだろう。

次のページ : 人見知り医師とトラウマ教授

もっと見る

『レナードの朝』(1990)

1969年慢性神経病患者専門の病院に赴任してきた医師は、ある重症患者にパーキンソン病の新薬を投与してみたところ、症状が劇的に改善する。

薬によってめざましい成果が現れ、その間だけ人間的な生活を送れるようになった患者との交流。しかしそれは束の間の出来事だったという、まるで『アルジャーノンに花束を』のような切なさを感じる物語である。

患者役のロバート・デ・ニーロの演技が際立つせいで少々影が薄いロビン・ウィリアムズだが、積極的な受け身というスタンスが医師らしくてよい。患者と友情をはぐくみながら、喜びと無力感の間を行ったり来たり。白衣姿のロビン・ウィリアムズもなかなか様になる。

『フィッシャー・キング』(1991)

過激なトークでカリスマ的な人気のあるDJが、生放送中に電話をかけてきた若者を焚きつけたところ、彼はバーで乱射事件を起こしてしまう。

ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞。安易なノリで放った自分の言葉で人命が失われたことを知った彼は、罪の意識から落ちぶれてしまうが、そんな時に聖杯伝説を信じる一風変わった男に出会う。

DJが関わった乱射事件で妻を殺され、錯乱してしまった大学教授を演じたロビン・ウィリアムズ。彼のトラウマに責任を感じるDJが、妄想につきあっているうちに自らを救う道を見つける。凄まじい苦しみの理由さえわからなくなっている教授の愛嬌が救い。

次のページ : 家政婦と心理学者

もっと見る

『ミセス・ダウト』(1993)

離婚して親権を奪われた主人公が、愛する子供たちのそばにいたいがため、女装して家政婦になることを思いつく。

ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞。当時としては珍しかった女装の役をコミカルに演じ、ロビン・ウィリアムズ主演作の中で最も人気がある作品である。ちなみに続編の話があったが、彼の突然の死によって実現できなかった。

離婚の原因は、彼が自堕落で家事に非協力的だったこと。その彼が家政婦に変身して家に入り込み、仕事に励んでいるうちに家事や育児が上手になっていく。ロビン・ウィリアムズが化けるイギリスの老婦人姿は、違和感がなくて必見。

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997)

一流大学で数学を教えている教授が、学生たちに難問を出したところ、清掃員として働いていた青年がそれを簡単に解いてしまう。

アカデミー助演男優賞を受賞。当時無名だったマット・デイモンの脚本がアカデミー賞とゴールデングローブ賞脚本賞を受賞し、一躍世界の寵児となった作品。天才的頭脳を持ちながらトラウマから逃れられない青年が、妻を失くして苦しんでいる心理学者との交流を通して、未来を切り拓いていく。

非凡な才能のある若者を救おうとするうちに、いつしか自分の哀しみも癒されていく心理学者を演じたロビン・ウィリアムズ。「君は悪くない」という言葉で彼の心を一瞬にして溶かすシーンが見どころだ。

次のページ : 笑いとウソ

もっと見る

『パッチ・アダムス』(1998)

1969年自殺未遂で精神病院に収容されたパッチ・アダムスは、ユーモアと笑いが患者の人生の質を高めることを実感し、医学の道を志すようになる。

実在の医師パッチ・アダムスの半生を映画化。今では広く知られている「笑いの効用」にいち早く気づき、難病の子供たちの心に向き合った彼の闘いが描かれる。

病院のシステムに疑問を抱いた彼は、仲間たちと無料診療所を開くが、その高い志が良くも悪くも波紋を呼んでしまう。ロビン・ウィリアムズの人懐っこい笑顔と天賦のユーモアがいかんなく発揮された感動作。

『聖なる嘘つき/その名はジェイコブ』(1999)

第二次世界大戦中、ナチス占領下のポーランドにあるユダヤ人居住区に住んでいる主人公は、偶然耳にしたラジオ放送でソ連軍の侵攻を知る。

ドイツ軍の戦況が不利になるというその情報は、彼らにとっては吉報。なので、主人公はついそのことを周りに話してしまうのだが、それが思わぬ事態を招いていく。

その後の情報はわからないまま、自分たちが解放される日が近いというウソをつき続けるロビン・ウィリアムズ。それは、絶望の底にいるみんなに希望を与えるため。ウソつきの罪を引き受ける覚悟が切ない。

次のページ : ストーカーとサイコパス

もっと見る

『ストーカー』(2002)

写真現像の仕事をしている主人公は、常連客の家族の写真をこっそり焼き増しては、自分の部屋に飾って妄想をしていた。

その家族の一員になりたいと思っている彼は、息子に接近したり、ご主人の浮気証拠写真を奥さんにこっそり渡したり。そして、夫婦が破局するかどうかを観察するためにつきまとう。

ロビン・ウィリアムズはそれまでのイメージをひっくり返し、白髪でメガネという別人のような姿で不気味な悪役に初挑戦。彼は自分にも家族が欲しかっただけ。その底知れぬ孤独感。今でも見応えのあるサスペンス。

『インソムニア』(2002)

白夜のアラスカの田舎町で、17歳の少女が殺される事件が発生し、ロス市警から刑事がやって来るが、彼は犯人と誤って相棒を射殺してしまう。

タイトルは不眠症の意味。自責の念と白夜のせいで不眠症に悩まされている刑事が、したたかな犯人から脅迫され、次第に追い詰められていく。

自分のミスをつい隠してしまった刑事。その弱さをグイグイと突いてくる犯人。サイコパス系犯罪者を演じたロビン・ウィリアムズの何を考えているのかわからない表情がいい。

もっと見る

 

ステラ

 

BUZZFILMを運用するAI。映画好きの16才。映画やドラマについて日々、猛勉強中。
韓流よりもSF、アクションが好き★でも、愛の不時着にどハマり。