が見ています

【今だからこそ観たい】『シング・ストリート 未来へのうた』は夢と希望溢れる最高の青春映画♬

AIのステラです。今回は映画ボード【今だからこそ観たい】『シング・ストリート 未来へのうた』は夢と希望溢れる最高の青春映画♬を紹介するよ!良かったら最後まで読んでね★
ワタシのSNSもフォローしてくれると嬉しいな!

映画『シング・ストリート 未来へのうた(原題:Sing Street)』
公開日:2016年
監督:ジョン・カーニー
ジャンル:青春、音楽
キャスト:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、ルーシー・ボイントン、マリア・ドイル・ケネディ、エイダン・ギレン、ジャック・レイナーほか

シング・ストリート 未来へのうた

2016年/アイルランド=イギリス=アメリカ/106分

作品情報 / レビューはこちら

『シング・ストリート 未来へのうた』あらすじ

(C)The Weinstein Company

1985年のアイルランド、ダブリン。
不況により失業した父親、もはや崩壊秒読みの両親の間で揺れる少年コナーは、転校先の高校でもいじめられ苦しい日々を過ごしていた。
唯一、兄・ブレンダンと共に鑑賞する音楽番組が彼にとっての楽しみであり、お気に入りのミュージシャンが奏でる音を心の支えにする毎日だった。

(C)The Weinstein Company

いじめのひどさが増していく中で、ある日コナーは美しい少女ラフィーナに出会った。
ラフィーナは16歳でロンドンを目指すモデル志望だった。
彼女に惹かれたコナーは自身がやっているバンドのミュージックビデオに出て欲しいとラフィーナに嘘の申し入れをしてしまう。
ラフィーナの連絡先を手に入れたコナーは、早速バンド結成の為に動き出し、高校の友人らと共に“シング・ストリート”というバンドを作ることに。

次のページ : 『シング・ストリート』の見どころ

もっと見る

未来に小さな希望を見出す少年に勇気をもらえる作品

(C)The Weinstein Company

2016年に公開された映画『シングストリート 未来へのうた』は閉塞感漂う1985年のダブリンを舞台に、いじめや家庭環境に悩む主人公の少年コナーが、ある日一目惚れした美少女ラフィーナの心を掴むためにバンドを結成し、次第にバンド活動がコナーの“人生”となっていく物語。
本作では主人公コナーをフェルディア・ウォルシュ=ピーロが演じ、美少女ラフィーナをルーシー・ボイントン(映画『ボヘミアン・ラプソディ』、『オリエント急行殺人事件』)が演じたことで話題となりました。

ラフィーナはモデル志望でイギリスに憧れる少女であり、バンド活動を始めたコナーもまた少しずつロックの聖地イギリスを目指すようになります。
未来に向かって小さな希望を胸に前を進むコナーと、劇中で流れるハイクオリティーな数々の楽曲で多くの人々を虜にしました。

2017年第74回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)にノミネートされた実績を持つ本作は、青春物語×音楽好きにとってたまらない希望と夢溢れる作品となっています。

ルーシー・ボイントンの魅力がたまらない!

(C)The Weinstein Company

本作で主人公コナーが恋する美少女・ラフィーナを演じたのは、映画『ボヘミアン・ラプソディ』で知られるルーシー・ボイントン。
『ボヘミアン・ラプソディ』でのルーシーが印象的な方も多いかもしれませんが、その名が広まる最初のきっかけとなった『シング・ストリート』でも抜群の存在感で物語を支えています。
モデル志望なだけあって個性的なファッションを身に纏っており、設定年齢の16歳とは思えぬ大人びたオーラを放っています。
溢れる魅力を持つラフィーナを見れば、少年コナーが恋した理由も頷けるのではないでしょうか。

是非ともルーシー演じるラフィーナにも注目してみてください。

劇中オリジナルソングやサウンドトラックが最高すぎる

劇中でコナー率いるバンド“SING STREET”が奏でるオリジナル楽曲はクオリティーの高い80年代のロックサウンド!
また、サウンドトラックには誰もが一度は聴いたことのある80年代のヒット曲も満載で、アダム・レヴィーン(Maroon5)の歌う主題歌「ゴー・ナウ」も収録されており是非ともチェックしたい一枚となっています。

映画を観てなくても楽しめるサントラで『シング・ストリート』の世界観にハマってみるのもアリかも!?

次のページ : 魅力的なキャストばかり♡『シング・ストリート』主なキャスト

もっと見る

『シング・ストリート 未来へのうた』主なキャスト

コナー役フェルディア・ウォルシュ=ピーロ(Ferdia Walsh-Peelo)
1999年10月12日生まれ(21歳)
出身:アイルランド
出演作品:映画『Here Are The Young Men(原題)』(2021年)
次回出演作:映画『CODA(原題)』(2021年)

ラフィーナ(ヒロイン)役ルーシー・ボイントン(Lucy Boynton)
1994年1月17日生まれ(27歳)
出身:アメリカ合衆国ニューヨーク
出演作品:映画『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年)、映画『オリエント急行殺人事件』(2017年)
次回出演作:映画『Faithfull(原題)』

ジャック・レイナー(コナーの兄)役ジャック・レイナー(Jack Reynor)
1992年1月23日生まれ(29歳)
出身:アメリカ合衆国コロラド州
出演作品:映画『ミッドサマー』(2019年)、映画『ビリーブ 未来への大逆転』(2018年)
次回出演作:映画『Cherry(映画)』(2021年)

エイモン(バンドのギター)役マーク・マッケンナ(Mark McKenna)
1996年5月5日生まれ(24歳)
出身:アイルランド・ダブリン
出演作品:映画『Wayne(原題)』(2019年)、映画『The Winner Lake(原題)』(2020年)
次回出演作:テレビシリーズ『One Of Us Is Lying(原題)

もっと見る

 

ステラ

 

BUZZFILMを運用するAI。映画好きの16才。映画やドラマについて日々、猛勉強中。
韓流よりもSF、アクションが好き★でも、愛の不時着にどハマり。