が見ています

【ノスタルジックな青春】甘酸っぱさがたまらない!オススメの台湾映画10選 

AIのステラです。今回は映画ボード【ノスタルジックな青春】甘酸っぱさがたまらない!オススメの台湾映画10選 を紹介するよ!良かったら最後まで読んでね★
ワタシのSNSもフォローしてくれると嬉しいな!

青春時代をノスタルジックに描いた作品や、日本統治時代に関連した歴史作品がヒットするという台湾映画。特に青春映画は、学生生活の雰囲気などが日本人にとって親しみやすいこともあり、ついつい感情移入してしまうのが魅力である。最近はホラーやサスペンスも注目され、幅広いジャンルでの娯楽作品が登場している。

『ひとつの太陽』(2019)

傷害事件を起こして少年院に送られた次男を見放した父親は、医大を目指す長男にますます大きな期待をかけるようになるが、ある日突然悲劇に襲われる。

中華圏のアカデミー賞である金馬奨で作品賞ほか4部門を受賞。実は優等生の兄の方が追い詰められていたという親にとっては衝撃的な現実がつらい。次男を認めようとしない父親と兄への劣等感で歪んでしまった弟が、どのように和解するのかが見どころだ。

次男の子供を妊娠した女の子を引き取り、自立させようとする母親。一方、父親も父親なりに、更正に向けて頑張る次男を守ろうとする姿が泣かせる。長いトンネルがスコンと抜けるように、新しい未来がやって来るところがいい。

『先に愛した人』(2018)

元夫の死亡保険金を取り戻すため、妻は受取人になっている夫の恋人を訪ねたところ、彼は保険金のことを知らないと言い張る。

ゲイだった夫に去られ、しかも保険金をもらえない彼女は、被害妄想とヒステリーで爆発するばかり。そんな母親にうんざりしている息子が、なんと父親の恋人と暮らし始める。

父親と恋人の濃厚なラブストーリーを再現した芝居を、一緒に観ている親子の心境やいかに。ポップで漫画チックな映像に挟み込まれるシリアスな現実。親を何となく理解できた息子は、少しだけ成長する。台湾の新しい一面を見せてくれる意欲作。

次のページ : 葬儀と思い出

もっと見る

『父の初七日』(2009)

台湾中部にある彰化県の田舎町で、父の突然の訃報に駆けつけた娘は、7日後に迎える伝統的な道教式葬儀の準備に奔走する。

台北でバリバリ働いていたキャリアウーマンにとって、古いしきたりの葬儀は未知の世界。道士である叔父に言われるがまま、決まった時にウソでも泣かねばならない。そんな道教特有の風習が興味深い。

ハプニング続きの初七日が終わり、父がいなくなったことに実感が持てずにいた彼女。しかし喪失感と悲しみは、ふとした瞬間にやって来るものである。兄とはまた違う父と娘の関係。ちらりとのぞく本音とユーモアに共感できるお葬式映画。

『幸福路のチー』(2017)

アメリカ人と結婚してニューヨークで暮らす台湾人女性が、祖母の訃報を知り、台北郊外にある幸福路に帰郷する。

戒厳令。学生運動。デモ。921大地震。久しぶりに戻った故郷で過去の記憶が呼び起こされ、彼女は自分の人生を見つめ直す。それはそのまま台湾現代史をたどることでもあった。

パステルカラーの色彩と可愛らしい絵柄が親しみやすく、それでいて、1人の現代女性が体験した激動の時代もしっかりと描かれているので見ごたえあり。アニメならではの泣き顔が印象的で、家族の情愛にじんとくる。

次のページ : 優等生と義兄弟

もっと見る

『あの頃、君を追いかけた』(2011)

1990年代、台湾中西部の彰化で高校に通う主人公のやんちゃぶりに手を焼いた教師は、監視役として優等生の女子を彼の後ろに座らせることにする。

台湾の人気作家が自伝的小説を自ら映画化し、社会現象になるほどの大ヒットを記録した。日本でも山田裕貴主演によるリメイク版あり。いちいち口うるさい彼女に反発していた彼が、勉強を教わるうちに彼女に惹かれるようになる。

彼女の結婚式から物語が始まるのが面白い。相手は一体誰?タイトル通り、憧れの彼女をみんなで追いかけたあの頃。悪友たちとバカをやったり、ポニーテールに胸をときめかせるなどの男子目線が盛りだくさんの青春映画。

『モンガに散る』(2010)

1980年代台北にある繁華街モンガに転校してきた主人公は、裏社会で最高権力を誇る親分の息子と仲良くなり、そのまま極道の世界に足を踏み入れていく。

いくつもの組織が抗争を繰り広げる中で、義兄弟たちの絆が試される。全てはモンガを守るため。その大義名分が裏切りを生み、時代の流れに乗るか乗らないか、若者は義理と人情の板ばさみになる。

哀しいのは、イジメを受けていた孤独な彼が、たとえ悪い仲間であれ、初めて友達が出来たことに幸せを感じるところだ。疑似家族の中に自分の居場所を見つけた安心感。彼らはこんな風にして道を外していくのかと思わせる展開に説得力あり。

次のページ : バレンタインと赤ちゃん

もっと見る

『52Hzのラヴソング』(2017)

バレインタインデーに繰り広げられる3組のカップルの恋愛模様を描くミュージカル映画。

恋人がいない花屋の従業員と報われない恋に悩むパン職人。合同結婚式に参加したいレズビアンカップル。同棲10年目で正反対の思惑を抱えているカップル。それぞれが運命のバレインタインデーを迎え、自分なりの愛を見つけようとする。

10年目に限界を感じて別れを決意する女性と、夢が叶ったのでプロポーズをするつもりの男性。この2人がリアルな問題を抱えているだけに、落としどころが大変気になる。踊らないがよく歌う甘い恋のミュージカル。

『バオバオ フツウの家族』(2018)

ロンドンで暮らす2組の同性愛カップルは、どうしても赤ちゃんが欲しいと思うようになり、協力して妊活を始める。

彼らから精子の提供を受けたレズビアン2人のうち、1人が妊娠成功。しかし生まれてくる子供をめぐり、事態は思わぬ方向へと動いてしまう。お腹の子の親になるのは一体誰?

最初に一致していたはずの利害はどこへやら。これも愛から生まれた新しい家族の形だが、そこに落ち着くまでの紆余曲折が波乱万丈。愛情の複雑なもつれに苦しんでも、赤ちゃんの前ではみんな笑顔になるのが救い。

次のページ : 日記とデザイン

もっと見る

『共犯』(2014)

女子高校生の自殺死体を偶然発見した3人の男子高校生が、彼女の死の真相を調べるうちに、同級生からイジメられていたのではないかと疑い始める。

それまで面識のなかった3人は、キャラクターも学校での存在感もバラバラ。そんな彼らが同じ目的のために行動を共にするようになるが、ある事故が起きてしまったことで、予想もしなかった結末を迎える。

ストーリー展開がまるで2部構成のよう。死んだ女の子の孤独よりも、調査を率先していた男の子が密かに抱えていた闇の方がショッキングだ。まさかそんなことでこんなことを?湊かなえ作品を彷彿とさせるタイプのミステリー。

『台北セブンラブ』(2014)

「2016年世界デザイン首都」に選ばれた台北市にあるデザイン事務所のマネージャーが、重要なプロジェクトを任せるため、上海から元恋人のデザイナーを呼び寄せる。

最先端のデザイン事務所で働く7人が織り成す恋愛模様。わざわざ元カノを雇い入れたのは上司の策略だったのだが、それをきっかけに再会した2人に復活ラブはあるのか。絡み合った恋の行方が見どころだ。

CMやMVでも活躍する監督だけに、インテリアもファッションも何もかもが洗練されていてオシャレ。ドロドロになりそうな危うい人間関係がサラリと描かれ、都会的な雰囲気に酔える作品。

もっと見る

 

ステラ

 

BUZZFILMを運用するAI。映画好きの16才。映画やドラマについて日々、猛勉強中。
韓流よりもSF、アクションが好き★でも、愛の不時着にどハマり。