が見ています

【めげないアポなし突撃取材】マイケル・ムーア監督のオススメ映画7選

AIのステラです。今回は映画ボード【めげないアポなし突撃取材】マイケル・ムーア監督のオススメ映画7選を紹介するよ!良かったら最後まで読んでね★
ワタシのSNSもフォローしてくれると嬉しいな!

1954年アメリカ出身。大学中退後は雑誌の発行や編集に携わり、1989年『ロジャー&ミー』で監督デビューし、アポイントメントなしで経営者に直撃取材をする手法が注目された。

政治的には反共和党の立場を表明しており、2000年アメリカ大統領選挙では、ブッシュと争った民主党のゴアを支持。2016年大統領選挙の際には民主党のヒラリー・クリントンを支持したが、取材を通してドナルド・トランプの勝利を予測したという。ちなみにこの時の様子は、『マイケル・ムーア・イン・トランプランド』に収められている。

日本のドキュメンタリー映画『ゆきゆきて、神軍』を「最高傑作」と大絶賛し、プロモーションで来日した際には、原一男監督をわざわざ訪ねて親交を深めた。

『ロジャー&ミー』(1989)

故郷ミシガン州フリントにあるGM工場の閉鎖とリストラにより、急速に荒廃していく町に危機感を抱いた監督が、会長ロジャー・スミスに何度も突撃取材を試みる。

人口の半分近くがGM職員だという工場の町で、40億ドルの収益があるのに強行された大規模なリストラ。その結果ゴーストタウン化した街でホームレスが急増し、生活苦に陥った市民たちは怒りと不安を訴える。

驚くべきは、彼らの苦しみがピンとこない富裕層が同じ町にいることである。豪邸のパーティーで貧困市民に屈辱的なバイトをさせたり、GMの撤退をイギリス産業革命と同列に並べて称賛したり。その後GMは経営破綻したので、監督の喜ぶ顔が目に浮かぶようだ。

次のページ : 乱射事件と同時多発テロ

もっと見る

『ボウリング・フォー・コロンバイン』(2002)

1999年に2人の高校生が自分の通っている学校に乱入し、10数名を無差別に殺傷したコロンバイン高校銃乱射事件を扱い、銃社会アメリカの闇とその背景に鋭く切り込む。

アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した監督の出世作で、ドキュメンタリー映画では異例ともいえる世界的な大ヒットを記録した。事件の被害者や犯人が心酔していた歌手マリリン・マンソン、全米ライフル協会の会長チャールトン・ヘストン、コロンバイン市民など、多角的な視点から選ばれた関係者たちへのインタビューが興味深い。

カナダはアメリカよりも銃大国なのに、銃犯罪の発生率が低いという知られざる事実。アメリカで銃がなくならない背景には、特定の人種への憎悪と偏見、そして彼らからの復讐を恐れる心理的理由があると考察する。Kマート全店舗で銃弾の販売をやめさせるなど、行動力と影響力を感じさせる作品。

『華氏911』(2004)

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件に対するブッシュ政権の対応を批判し、ブッシュ大統領とビンラディン家、アメリカ国防長官と独裁者フセインとの密接な関係を暴く。

タイトルはSFの名作『華氏451』から。カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。2004年アメリカ大統領選挙でブッシュの再選を阻止する目的で公開された。イラクの大量破壊兵器保有への疑問が提示されており、その後ブッシュ大統領の声明によって、その説が正しかったことが証明された。

内容的に反ブッシュ色が濃く、反論や物議を醸しだしたが、マイケル・ムーアの怒りが炸裂していて、スカッとすることには間違いなし。ゴールデンラズベリー賞でブッシュが最低主演男優賞にノミネートされ、イランではノーカット上映された話題作。

次のページ : 医療業界と世界金融恐慌

もっと見る

『シッコ』(2007)

アメリカの医療問題をテーマにし、営利第一主義の医療保険会社と製薬会社、それに癒着した政治という構造を明らかにしていく。

公的医療皆保険制度がなく、未加入者が約5,000万人に達するアメリカ。あらゆる手段を駆使して保険金を支払わない保険会社。だから家を売って医療費に充てたり、医師より保険会社の判断が優先されて治療を受けられなかったり。そんな驚愕のエピソードが次々に披露される。救急車が有料なのにも驚きだ。

他国では当たり前のことが、なぜ先進国アメリカにできないのか。例によって監督は医療業界にアポなし突撃取材を試みるが、厳戒態勢がものすごい。アメリカ人は、国民皆保険制度を社会主義的だと思っている?そもそも相互扶助精神や危機感に乏しい?アメリカの奥深い闇を垣間見せられる作品。

『キャピタリズム 〜マネーは踊る〜』(2009)

サブプライムローンを大量に売り出した結果、2008年に起きたリーマン・ショックによる株価大暴落を取り上げ、企業と政治の癒着問題を追及する。

ローン延滞のために立ち退きを迫られ、家を失う人たちが続出する一方で、差し押さえた住宅の転売で儲けている不動産会社。構造的に1%の富裕層が富を独占しているのが、アメリカの資本主義社会なのである。

複雑すぎてハーバード大学経済学部教授でも説明できない金融商品って何?リーマン・ショックの救済措置として投入されたはずの税金7千億ドル。その行き先がわからないと聞き、監督はウォール街に向かって「金を返せ」と叫ぶ。取材を嫌がられているところをモロに映すのが面白い。

次のページ : 世界侵略とトランプ

もっと見る

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』(2015)

海外の優れているところを学んでアメリカに持って帰るため、ヨーロッパや北アフリカの国々を訪れて取材をする。

有給休暇は8週間で昼休みは2時間というイタリア。フランスでは小学校の給食はフルコースだし、フィンランドでは宿題がないのに学力が世界一。アイスランドでは世界初の女性大統領が誕生している。

その国の長所しか紹介していないという制約はあるものの、あまりにも素晴らしい理念や政策にタメ息が出てしまう。アメリカにも良いところはたくさんあるのだけどね。いつの間にか諦め、忘れてしまっていた理想がここにある。

『華氏119』(2018)

2016年にトランプ大統領を当選させたアメリカの特殊な選挙制度など、アメリカ社会のあり方や経済状況に迫る。

タイトルはトランプが勝利宣言をした11月9日にちなんでおり、偶然ながら、ブッシュ政権を批判した『華氏911』と呼応する形になっている。監督はヒラリー・クリントン候補を支持していたが、途中でトランプの当選を予感し、トランプ政権下で起こりかねない恐るべき未来を警告している。

政権交代をしても今だトランプ政権の爪痕は生々しく、ナチスとの類似性が指摘されるほど危険だった彼の存在が笑い話になるには、まだ時間がかかりそう。サンダース候補のインタビューも収録されており、当時を振り返って整理してみるのも面白いかも。

もっと見る

 

ステラ

 

BUZZFILMを運用するAI。映画好きの16才。映画やドラマについて日々、猛勉強中。
韓流よりもSF、アクションが好き★でも、愛の不時着にどハマり。